メインロゴ

年中無休 平日9:00~20:00 土日祝9:00~19:00

日本語専用ダイヤル 136-6220-6000

/

歯科治療

歯を健康に保つには細やかなケアが重要です。
ご自宅でのお手入れはもちろんですが、専門家によるケアをすることによりいつまでも健康な歯を保つことが出来ます。

充填

虫歯及び各原因による歯の損傷時のFujiⅡ、光重合型材料等による充填治療。

■Densply光重合レジン(アメリカ製)
特殊光で固まる白い充填材料。耐摩耗性なので奥歯の咬耗にも耐用します。

■SHOFU光重合レジン(日本製)
特殊光で固まる白い充填材料。耐摩耗性なので奥歯の咬耗にも耐用します。
また、白さに優れているので前歯の充填に適しています。

レジン充填とは、虫歯の部分を削った後にレジンという歯科用プラスチックを詰める方法です。
レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料で、歯医者さんの間ではレジンを詰めることをレジン充填(レ充)と呼んでいます。
レジン充填は一応保険適応の治療法ですが、歯科医師の知識・テクニックの差が非常に出やすいため、歯科医院によっては保険外でレジン充填を行なっている場合もあります。
また、レジンは虫歯治療だけではなく、欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足してすきっ歯を治したり、金属の部分をレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的な改善をしたりなど、様々な用途で使用されています。

外科手術

様々な原因によって引き起こされる、歯髄まで進行した疾病の治療。

虫歯が進み炎症を起こした歯髄(神経)などを取り除き、根の中に細菌などが入らないよう栓をする処置です。
一本の歯には1~3本の根管があります。

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。
「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。
虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。
しかし、この根管治療(歯の神経・根の治療)は実はかなり難しいのです…。
なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰め たり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるからです。 後からトラブルが出てきてしまった場合には、前に治療した詰め物やクラウンなどは作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。

外科手術

■抜歯
残根抜歯、親知らず抜歯、埋伏歯抜歯、複雑な抜歯などさまざまな歯の無痛抜歯がございます。

■根尖切除術
歯根端切除術とは、通常の根管治療を行ってもどうしても治らない場合に、最後の手段として外科的に歯根の先端を切り取ってしまう治療法です。
これでダメなら後はもう抜歯しか残されていませんので、本当に最後の手段です。
しかし、歯根端切除術は全ての歯科医院で行われているわけではなく、また奥歯の場合には歯根端切除術が出来ないことも多いので、歯根端切除術を行うことなく抜歯になってしまう…ということも実際にはよくあります。
また、場合によっては歯根端切除術ではなく、意図的再植が行われる場合もあります。

■口腔内の異物の除去
例えば歯に挟まった骨や爪楊枝などを取り除きます。

■根尖部のう胞切除
根尖部にできた膿の袋、その他異物を取り除きます。
根管治療が上手くいっていなかったり、歯根が割れてしまっていたりすると、歯根嚢胞(歯根のう胞)が出来ることがあります。
歯根嚢胞(歯根のう胞)はほとんど自覚症状が無いことも多いのですが、放置してそのままにしていると、ある時急に痛みが出始めたり、健康な隣の歯にまで悪影響を及ぼしてしまったりしますので、適切に対処することが必要です。
また、歯根嚢胞(歯根のう胞)が見られたからといって必ず治療が必要だと言うわけではなく、縮小傾向にあるようなものの場合には、そのまま経過観察をすることもあります。
もしも以前行った根管治療の失敗が原因だと考えられる場合には、再度根管治療を行いますが、根管治療を行っても治療不可能だと考えられる場合には抜歯になります。

■外傷縫合手術
怪我などの外傷によってできた傷を縫合します。

■歯牙再植治療
抜けた歯を再度植えつけます。

■のう胞切開治療
膿の袋を取り除きます。

歯周治療

ポケット消毒、Periocline薬、スケーリングルートプレーニング、歯肉掻爬術。

■ポケット消毒
歯周ポケット(歯茎の中)の洗浄及び炎症を抑える薬液で消毒します。

歯周ポケットとは、歯周病が原因で歯周組織の破壊が起こることによって、病的に深くなった歯肉溝のことです。歯肉溝は健康な人であれば約1~2mm程の深さになっていますが、歯周病で歯周組織が破壊されるとこの歯肉溝はどんどん深くなり、3mm以上の深さになると病的なものと見られるようになります。これが「歯周ポケット」です。この歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度を検査することもあります。基本的には歯周ポケットが深ければ深いほど、重度の歯周病と考えられます。歯周ポケットが深くなると、自分で歯磨きをするだけでは歯周病の原因の1つであるプラークをきれいに落とすことができなくなるので、歯科医院での専門的なケアが必須となります。

■ペリオクリン薬
歯周ポケットの洗浄後、炎症を抑える薬剤ペリオクリンを歯周ポケットに注入します。

■知覚過敏治療
・フッ化物の塗布
・歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で痛みのある部分をカバーする
・痛みのある部分へのレーザー照射
知覚過敏のほとんどは上記の方法により改善しますが、中には改善の見られない重度の知覚過敏も存在します。その場合には、最終手段として歯の神経を取ることもあります。歯の神経を取れば痛みは無くなりますが、歯が黒くなったり、割れやすくなったり、虫歯が進行しやすくなったりするというデメリットがあります。

■スケーリングルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることができません。
そのため、スケーリングだけでは歯周病が改善しない場合には、奥深くの歯石や感染した歯質をきれいに取る必要があります。
ルートプレーニングとは、この奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具を使ってきれいに取る治療をのことを言います。

■歯周ポケット掻爬
麻酔後、炎症部分の病的な物質を掻き出し、再付着促進のためのサージカルパックを行います。

■歯肉掻爬術
歯肉を歯槽骨から剥離させて、炎症部分の歯肉を掻爬し、場合によっては、ハイドロキシアパタイトを注入してクローズします。

ページのトップへ

矯正歯科

矯正治療の目的は、不自然な位置にある歯やあごの骨を整えて美しい歯ならびや正しい咬み合わせ、さらにはバランスのとれた口元を作り出すことです。
歯ならびが良くなると歯をきれいにみがけるだけでなく、食べ物をしっかり咬むことができるので、口の中の健康はもちろん、消化を助けて、からだ全体の健康にも良い結果をもたらします。
きれいに並んだ白い歯で、健康と自信に満ちた明るい笑顔を得ること、それが矯正治療の大きな役割です。

歯周治療

ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。
一般的に「矯正」と言う場合は、この方法です。ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。

裏側矯正

舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。
最も目立たない方法ですが違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する方法で、約2週間毎に新しいアライナーに交換しながら一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。
マウスピース矯正には様々な種類がありますが、「インビザライン」や「クリアライナー」、「アクアシステム」などの方法が有名です。
他の矯正法とは違い装置が取り外し式で、ブラケットやワイヤーも装着しないので最も目立ちませんが、この方法は歯を抜かなくても済むような比較的簡単な矯 正治療にしか適用できません。(通常のワイヤーを使った矯正と併用する場合もあります)

審美治療

審美治療とは、主に歯を美しく見せるための治療です。様々な理由で沈着してしまった色素を綺麗にクリーニングすることにより、元の白さを手に入れるために、クリーニングを行います。
白い歯を手に入れて、自信に満ち溢れた笑顔で生活することによって、精神的にもかなりの満足感を味わうことができるようになるでしょう。

歯石除去(超音波クリーニング) id=

毎秒約25000~40000回の振動によって歯石を破壊し、除去します。
超音波スケーラーは歯石の除去以外に、クラウンなどの補綴物の除去や根管洗浄にも使用されることがあります。

エアフロー

歯にこびりついた頑固なヤニや、着色汚れに。さわやかなレモン風味のエアフローパウダーが、超微細なウォータースプレーと共に射出し、しつこいプラークやステインを素早く除去します。

ホームホワイトニング

患者様の歯型に合ったマウスピースにホワイトニングジェルを塗りご自宅でケアして頂く方法です。 ご自身のペースで白くすることが出来ます。

オフィスホワイトニング

歯の両面にホワイトニングジェルを塗りその上から、アルゴンレーザーなどの光を照射し、歯を漂白する方法です。

日本語ができるスタッフがご対応いたします お問合わせ日本語専用ダイヤル 電話番号136-6220-6000
ページのトップへ
/